Read Article

法定相続情報証明制度

福島県福島市の行政書士・社会保険労務士(社労士)の菅野です。

今年5月29日より法定相続情報証明制度がスタートしましたが、当事務所においても既に利用しています。

これは、法務局に戸籍謄本等の必要書類を提出し、法定相続人が誰であるかを登記官が証明してくれる制度です。

この制度を利用すれば、不動産の相続登記や預金の名義変更解約等の手続において戸籍の束が必要なくなり、法定相続情報一覧図の写しで手続きが取れるようになります。実際、県内のほとんどの金融機関でこの一覧図の写しを利用して手続きができる状況になっています。

ただし、一般の人が自分でやるには今まで以上の手間がかかることになります。

戸籍を収集し法定相続情報一覧図を作成して登記所へ申出をする必要がでできますので、今までは戸籍収集だけですんだものが余計な手間が増えることになります。

それでも、各金融機関では戸籍を確認する手間が減りますので、相続手続きがスムーズになるのは間違いありません。

実際この制度を利用する場合には、資格者代理人に依頼するのがベストだと思います。資格者代理人としては、弁護士・司法書士・土地家屋調査士・税理士・社会保険労務士・弁理士・海事代理士・行政書士となっています。

この制度を利用するには手間はかかりますが、当事務所に依頼をいただければ、その手間のかかる部分を代行しますので、その後の手続は、グッとスムーズに進みます。実際この制度を利用した依頼者からは感謝されています。

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top