Read Article

他士業とのネットワーク

tunagaru福島県福島市の行政書士・社会保険労務士(社労士)の菅野です。

業務を行う際には、他士業とのネットワークが重要になってきます。特に行政書士の場合は、強くそれを感じます。

行政書士の場合、会社設立の定款認証はできますが、登記申請はできません。同様に相続手続で不動産が絡んだ場合も、遺産分割協議書の作成はできますが、所有権移転の登記申請はできません。また、記帳代行の際でも決算書作成はできますが、確定申告はできません。

登記申請は司法書士さんに、確定申告は税理士さんにお願いすることになります。このように行政書士の場合は、他士業とのネットワークは重要になってきます。

これは弁護士さんでも変わらないと思います。確かに弁護士はオールマイティですので、どんな業務にも対応できるように思われがちですが、実際は弁護士でも全ての業務に対応できるわけではありません。

やはり他士業とのネットワークが重要になってきます。私の場合も弁護士・司法書士・税理士・土地家屋調査士等とのネットワークがあります。

ネットワークが重要だと言っても誰でもいいわけではありません。お互い人間同士なので相性がありますから、名刺交換だけの知り合いと言うわけにはいきません。

何かあったら電話一本で簡単に聞けるだけの関係がなければ、良いネットワークとは言えません。

業務によっては、他士業とのネットワークなしでもできないことはありませんが、事務所を開いていると、まったく畑違いの質問を受けることも少なくありませんので、私にとっては、他士業とのネットワークは不可欠です。

 

 

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top