関連事務委託見直し

委託に該当するケース

  • 税理士や社会保険労務士に事務所委託している場合

業務を委託する場合

  • 委託者は、「委託を受けた者」において、番号法に基づき委託先自らが果たすべき安全管理措置と同等の措置が、委託先においても講じられるよううに、必要かつ適切な監督を行わなければならない

必要かつ適切な監督とは

  • 委託先の適切な選定
  • 委託先に安全管理措置を遵守させるために必要な契約の締結
  • 委託先における特定個人情報の取り扱いの把握

委託者が委託先に対しての確認事項

  • 委託先の設備
  • 技術水準
  • 従業者に対する監督・教育の状況
  • その他委託先の経営環境等

委託契約の締結

契約に盛り込むべき事項

  • 秘密保持義務
  • 事業所内からの特定個人情報の持出しの禁止
  • 特定個人情報の目的外利用の禁止
  • 再委託における条件
  • 漏えい事案等が発生した場合の委託先の責任
  • 委託契約終了後の特定個人情報の返却又は廃棄
  • 従業者に対する監督・教育
  • 契約内容の遵守状況について報告を求める規定等

盛り込むことが望ましい事項

  • 特定個人情報を取り扱う従業者の明確化
  • 委託者が委託先に対して実地の調査を行うことができる規定等