退去強制

  • 入管法は、出入国の公正な管理を図るために、退去強制事由に該当する外国人については、日本から退去を強制することができるとされています。この退去強制事由には、次のようなものがあります。
    • 入管法の規定に違反する者
      • 入国又は上陸の手続を経ない者
            ・不法入国者
            ・不法上陸者
      • 在留条件等に違反する者
            ・資格外活動者
            ・不法残留者
            ・仮上陸条件違反者
            ・不退去者、不帰船又は不出国者
      • 不法入国(不法上陸)幇助者
    • 反社会性が強いと認められる者
      • 刑罰法令違反者
      • 売春関係の業務に従事する者
    • 日本国の憲法秩序を破壊するなど、日本国の利益又は公安を害する行為を行った者
  • このような退去強制事由に該当する外国人については、在留期間中であっても行政手続により、国外に強制的に退去させることとしています。退去強制事由は厳しい処分ですので、外国人が退去強制事由に該当しているかどうか、退去強制させるかどうかは慎重・公平な手続を経た上で決定することになっています。