訪問介護

訪問介護の指定申請基準

法人格の取得

  • 法人には、次の種類があります。
    • 株式会社
    • NPO法人
    • 社会福祉法人
    • 医療法人

法人の事業目的に実施する事業の記載があること

  • 既存の法人でも、定款の目的に実施予定の事業の文言が入っていない場合には、定款を変更し目的変更登記の手続きが必要です。

人員に関する基準

  • 訪問介護員
    • 介護福祉士、ホームヘルパー(1~3級)を、常勤換算で2.5人以上(サービス提供責任者を含む)配置すること。
常勤換算とは、当該事業所の従業者の勤務延時間数をその事業所の一般常勤職員の所定労働時間(週32時間を下回る場合は32時間)で除して、当該事業所の従業者の員数を常勤の従業者の員数に換算する方法です。
  • サービス提供責任者
    • 訪問介護員の中から、訪問介護の職務に従事する常勤の者をサービス提供責任者として、事業の規模に応じて、1名置く必要があります。管理者がサービス提供責任者を兼務することができます。
  • 資格要件
    • 介護福祉士
    • 介護職員基礎研修終了者
    • ホームヘルパー1級
    • ホームヘルパー2級で、3年以上の介護などの業務に従事した経験を有するもの
月間の延べサービス提供時間(事業所における待機期間や移動時間を除く)が、概ね450時間以上の場合

介護予防訪問介護