個人番号カード

マイナンバー通知後に申請すると、市町村から個人番号カードが交付されます。カードに記録されるのは、氏名・住所・個人番号などに限られ、所得などの情報は記録されません。

身分証明書として使えるほか、様々なサービスに利用できます

電子証明書が標準搭載されます

  • e-Tax等の電子申請等が行えます

自治体が条例で定めるサービスにも利用できます

  • 印鑑登録証や図書館利用など
※住基カードは、有効期限まで利用できますが、個人番号カードとの重複所持はできません。

個人番号カード

ICチップ付きのプラスチック製

個人番号カード申請

個人番号カードの申請方法は、2種類あります。

  • 郵送で申請
    • 個人番号カード交付申請書に、自分の写真を貼り返信用封筒に入れて送付する。
  • オンラインで申請
    • スマートフォンで顔写真を撮影し、所定のフォームからオンラインで申請する。
      ※その他の方法も検討中です

個人番号カードを受け取る

平成28年1月以降、市町村の窓口で受け取れます。無料ですが、下記の書類が必要となります。

  • 通知カード
  • 個人番号カードができたことを知らせる『交付通知書』
  • ③運転免許証などの本人確認書類
    ※受け取る際には、オンラインで本人確認等に使う『パスワード設定』が必要になります。