マイナンバーの保管・廃棄

必要がある場合に限り保管、必要がなくなったら廃棄

マイナンバーを含む個人情報は、必要がある場合にだけ保管ができます。

  • 法令で一定期間保存が義務付けられている場合等

必要がなくなった場合には、マイナンバーを廃棄、又は削除

  • 書類であればシュレッダーなどで復元できないように廃棄する、溶解処理をする
  • 特定個人情報等が記録された機器および電子媒体を廃棄する場合は、専用のデータ削除ソフトウェアまたは物理的な破壊をする

できるだけ速やかに

  • 年末や年度末に、廃棄または削除するのが一般的ですが、事業者において判断することになります。